札幌の遺品整理ならお任せください。

遺品整理.com へようこそWelcome to ihin seiri

私たちの思い

サンプルイメージ

私たちは札幌市内の遺品整理や遺品回収、その他全般を承る会社です。誠心誠意お客様の要望に応えられるよう日々努力を尽くしています。また、核家族化が進むなか深刻化している孤独死についても同様にご対応させて頂きます。 故人やお客様の思いを尊重し少しでも早く穏やかな日々を迎えられるようお手伝いさせていただきます。

新着ブログ

札幌遺品回収の実態

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

札幌にも遺品整理を行ってくれる業者が数多くあります。遺品整理は故人の品を整理し、必要であれば処分をしたりリサイクルショップへ依頼したりとさまざまなことを行ってくれます。このほか、必要であればリフォームをしたり消臭作業や清掃も行ってくれますよ。

そもそもこの遺品整理を依頼する場合というのは、遺族の都合でどうしても遺品整理ができない場合が多いそうです。例えば、遺族が遠方に住んでいる場合や遺族の精神的な部分で出来なとなどです。もし遠方に遺族が住んでいる場合は、なかなか形見分けをすることが難しいですが、この形見分けに関しても遺族の依頼であれば輸送手続き行ったり、自社のトラックで届けてくれることもあるそうです。また、故人の思い入れが強かった品物に関しては、お焚き上げを行い処分してくれるそうです。このように、遺品整理をすることになったときこのような業者を頼るのもいいですね。しかし、たくさんの業者がある場合は、実際に複数社から見積もりを取ってからいい業者を決めてください。サービスが違ったり、お値段も変わってきますよ。もちろんそれだけではなく、悪徳業者の見分けとしても大切です(これは残念な話ですか・・・)

遺品整理師の需要

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

遺品整理は、ただ遺品を処分するだけではありません。ついこの言葉で見ると遺品を整理する業者のイメージが強いですが、この他にもさまざまなことを行ってくれることをご存知でしょうか。

この遺品整理は家族や親族がいる場合は、専門業者に頼んでお願いすることは少ないと思います。では、どんなときに依頼されるかというと、やはり身寄りのない方が亡くなられた場合の依頼が多いとされています。例えば、身寄りのない方が亡くなった場合、その遺品整理は専門の業者に依頼されることがほとんどです。身寄りのない方が亡くなったときに、すぐ亡くなったのがわかればいいのですが、亡くなってもすぐ発見されず死後ずい分たってから発見されることがあります。この場合は、遺体の周りはずい分と汚れ、臭いもかなりきついものです。このような掃除(特殊清掃というそうです)も行ってくれるのです。汚れが床や壁にしみついている場合はリフォームまで行うそうです。このように遺品整理とは遺品全般の整理を行ってくれるので、需要は多くあるといいます。さらに、その遺品整理を行ってくれる業者の中には遺品整理師の資格を保有している方もいますのす。

遺品整理が必要な理由

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

遺品整理は、故人の品を整理したり、不要なものを分別をして処分をすることをいいます。処分をするときには、お焚き上げが必要なものはその手続きを行いお焚き上げを行ってくれます。さらには、遺族が遠くに離れている場合は、形見分けの品を送るために運送業者を手配したり、場合によってはその業者のトラックで運搬することもあるそうです。このように、遺品整理の業者はただ処分をするだけではなく、遺族の立場に立って心を込めて行ってくれます。最近ではこのような様子をテレビの特集で目にすることも増えてきました。それもあってか遺品整理の必要性が伝わり利用をする人たちが増えているといいます。

ですが、残念なことに遺品整理業者の中には、高額な料金を請求したり、不当に追加料金を請求する悪徳業者もあるということなのでご注意ください。故人が亡くなったあとの遺族は精神的にもつらい時期だというのに本当に許せない話です。必要であれば、お近くに専門業者が複数いる場合には見積もりを取って比較するといいでしょう。

急増する遺品整理と不要品回収

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

遺品整理と不要品回収の違いは、遺品整理の場合は遺品を回収して処分をしたり、形見分けのお手伝いから、必要であればリフォームまで行ってくれます。さらに、特殊清掃や消毒も行いますが、これはどんな時に行われるかというと、故人が誰にも看取られずに亡くなった場合、その故人の周りは腐敗が進み汚れができます。この汚れをきれいにし、臭いも取ることをいいます。このように、遺品整理とは遺族の依頼から遺品を整理するだけではなく、それに関わることも全般的に行ってくれるのがわかります。

不要品回収は、遺品整理のなかにある特殊清掃や消毒は行いません。場合によあってはリフォームなどは行うこともあるそうですが、基本的には不要なものを回収して処分をするのが仕事です。ですが、どちらにしても、私たちでは処分に困ってしまうのを手伝ってもらえるので、いざというときにはとても心強い方たちです。最近では一人暮らしの人が多いこともあって、遺品整理を始め回収業の需要が多くなっているといいます。

不要品回収とは?

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

不要品回収とは、いらなくなったものを引き取ってもらうことをいいます。ですが、ただ引き取って処分するだけではなく、その中にリサイクルの可能な資源となるものは回収したあとまた市場に出すというものです。この不要品回収を専門としている業者は、古紙やアルミ缶なども回収したり、一般家庭から出る電化製品やタンス、ソファーといった大型のものから、自転車、バイク、パソコン、事務用品などなど多種多様なものを回収しています。この回収したものがリサイクルの対象のものであれば、国内で再利用をしたり、海外へ輸出をする場合もあります。

このような不要品の回収は、各自治体でも月1回のペースで行っていますし、学校単位で行っている場所もありますね。以前より頻繁に見かけるのが回収車も回っています。無料のものが多いので、声をかけて不要品を回収してもらうのもいいですね。これであれば、一度に回収してもらうことも可能でですので利用する方も増えていると聞きます。

不要品回収に同行してきました。

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

不要品回収の依頼があり同行しました。とはいっても、私ではなく知り合いの業者の方の話しです。不要品とはいらなくなったものをいいますが、小物であれば自分で処分も可能ですが、大きいものや数が多いとやっぱり一人で難しいので、不要品の回収を依頼する方は結構多いんですね。特に春は転入出が多いので、この時期は大忙しだといいます。ですが、もう一つ不要品回収といっても、ただの回収だけではなく遺品整理業者が行う不要品回収があります。私の知り合いはこちらのお仕事をしています。

以前、この知り合いが行ったものとしては、1人暮らしの人が亡くなり身寄りもない方の回収ということでした。自宅内はそれほど汚れているわけではなかったので、不要品の回収はスムーズに進んだということですが、それでも躊躇してしまう品もあったそうです。例えば、お仏壇であったり、人形など顔のあるものはやはり魂が宿っているという話もあるので処分しずらいということでした。

 

 

御焚き上げとは

Posted on | 3月 24, 2013 | No Comments

お焚き上げとは、神事としてみると火の神の力によって天界へ還すという意味があるそうです。また仏事としてみると思いがこもったものには魂があるとされているので、これまでのお礼を浄化によって天界へ還すという意味もあります。このように、お焚き上げは昔からとても大切なことだと考えられていました。

遺品整理をするときも、故人の品物には思いがこもっていると考えられますので、そのまま処分するにはちょっと・・・という場合はこのようなお焚き上げを行ってから処分をしてくれるそうです。最近ではお焚き上げの専門業者があるそうですよ。遺品や表札、人形などは一度お経を上げて抜魂供養を行いそのあと、処分を行います。お焚き上げというと、神社の庭で行うイメージもありますが最近は環境の問題もあるのため、許可を得た焼却炉で処分を行うそうです。このように、故人が使っていたもので処分が困った場合は、まずはお焚き上げを行ってもらってから処分してくれます。

札幌有名スポット3

Posted on | 3月 22, 2013 | No Comments

今回ご紹介する有名スポットは「サッポロさとらんど」です。普段、都市部にいると
なかなか体験できない農業体験ができるテーマパークです。

どんな体験ができるかというと、手作りバター作りやソーセージやアイスクリームなどを
30分~120分かけて作ります(作るものによって所要時間が違ってきます)。お子さんと
一緒に大人も楽しみながら体験できすに違いありません。また収穫体験はこの施設内で
つくられた野菜を収穫することができます。なかなか野菜を収穫する機会が少ない方に
とってはとても貴重な体験ですね。

また園内には馬や羊といった動物たちとふれあったり、園内を巡るSLバスや周遊馬車に
乗って外でも思いっきり体を動かして遊ぶことができます。自然が広がる大地で親子で
思いっきり楽しむことができます。昔「ものよりおもいで」というCMがありましたが、
本当にその通りです。おもちゃはいずれ飽きますが、思い出は一生ものですよ!この
ように、札幌は楽しめる場所がたくさんありますので、ぜひ遊びに来てくださいね。

札幌有名スポット2

Posted on | 3月 22, 2013 | No Comments

今回ご紹介する札幌の有名スポットは「札幌もいわ山ロープウェイ」です。こちらは平成23年
12月にリニューアルオープンしました。

ミニケーブルカーや自然遊歩道が新設され、豊かな自然を思いっきり満喫でき、さらにはバリア
フリー対応になっているので山登りはちょっと・・・という方でも安心して遊びに来ることができ
ますよ。このもいわ山の山頂には展望台がありますが、ここがミニケーブルカーの終点となって
います。ここは360度のパノラマを楽しむことができますので札幌市内を一望できます。さら
に、 レストランも併設してありますので、おいしいお食事をいただきながら眺望や夜景を眺め
られます。このレストランは個人でも団体でもご利用できますので、仲間同士や親族と一緒に、
また友だちやカップルでお越しください。夜景を楽しむことができるので特にカップルの方に
は特におすすめです!みなさんで楽しい時間をすごくことができますね。

札幌有名スポット1

Posted on | 3月 22, 2013 | No Comments

だんだん日差しも暖かくなってきました。お子さんたちも春休みに入って、休日は
「ね~どこかへ連れて行って!」とせがまれて困っているお父さんやお母さんも多い
と思います。確かに、休日家族で何もせずお家にいるのもつまらいないですもんね。
そんなときは、ぜひ外へ出かけてみてはいかがでしょうか?

まずは札幌ドームはどうでしょうか。こちらはプロ野球球団の日本ファイターズや
プロサッカーチームのコンサドーレ札幌の試合を観戦するだけではあり ません。
様々なイベントが開催れているほか、ドーム内の3階には「キッズパーク」という
大型木製遊具がありますので、天気が悪くても体を思いっきり動かせますね。お子
さんたちもきっと満足するに違いありません!まだ小さなお子さんにはベビー コー
ナーもありますので、少し大きな子どもたちと一緒では心配という場合はこちらで
安心して遊ばせることができますよ。こちらは無料なのも親としては嬉しい点です。

札幌のおいしい焼き肉店に行ってきました。

Posted on | 3月 22, 2013 | No Comments

札幌の焼肉といえば、ジンギスカンが浮かびますが、もちろんそれだけではありません!
今回は札幌のおいしい焼肉店をご紹介いたします。

まずは、口コミでもいつも上位にランクインする「和牛いしざき」です。こちらの自慢は
北海道の江別市で育てられている黒毛和牛「えぞ但馬牛」です。この最高級の黒毛和牛を
あみ焼きでいただきます!霜降りのお肉をさっと焼いて、野菜を巻いて食べると・・・おい
しい!!とてもシンプルな焼き方ですが、その分お肉の味をしっかり堪能することができ
ますよね。あ~考えただけでもおいしいそうです。

つぎは、「トトリ本店」です。秘伝のたれに付けて下味がついているお肉は絶品です。
お肉は一枚もののお肉を巻いた状態で出てきます。それを食べやすく切り分けて食べます
が、そのお肉は厚切りで食べごたえ満点です!またこちらは冷麺もおいしく、お肉でお腹が
いっぱいでも別腹?でつるつるっと食べられるに違いありません!

 

 

遺品整理を詳しく知ろう

Posted on | 3月 21, 2013 | No Comments

遺品整理を実際に行ったことはありますか?私は祖母が亡くなったときに母親や叔母と一緒に
行いました。 このときは、亡くなった祖母と同居だったということもあったので家具などは
そのまま引き継いで使うこと にして、洋服などは叔母や母親、親戚の方に形見分けをする
ことができました。その他のものは処分をする といった形で意外にスムーズに遺品整理を行う
ことができました。これが従来の遺品整理の形だと思います。 ですが、これはやはり恵まれて
いるパターンで最近では家庭や住宅事情によりそれが難しいことの方が多く なってきています。
どんなに遺品を引き継ぎたいとしても、住宅が狭く処分をせざるを得ない場合もあり なくなく
処分をしたり、リサイクル業者に引き取ってもらうこともあるそうです。思い出のある品ほど
処分を するのはとてもつらいものですね。ですが、最近ではそのような事情から遺品の整理を
専門的に行ってくれる 業者も出てきましたので、大変なときは専門家に頼んでみるのが一番
です 。専門業者では、処分や整理方法も 遺族のことを第一に考えて行ってくれますので、
困った ときはぜひ頼ってみるといいでしょう。

遺品整理という新しい業種

Posted on | 3月 21, 2013 | No Comments

遺品整理を専門業者に頼むとなると、以前はとにかく品物を処分するという
形がほとんどでした。この場合は、故人の思い出のものなども関係なくどん
どん処分をするので、なんだか味気ない気がしますね。ですが、最近はこの
遺品整理を専門として行ってくれる業者があります。さらに、遺品整理の
資格もあるというのだから驚きですね。でもそう考えると、この業種は
今後も需要が見込めるということなのでしょうか。

では、遺品整理を行ってくれる業者とはどのようなことを行ってくれるので
しょか。まずは、連絡をするとその住宅の状況やどのように整理をした方が
いいのかどうかを細かく相談に乗ってもらえるそうです。場合によっては、
遺族の気持ちを考えて整理を行う時期も考慮してくれるそうです。そこから
実際に遺品整理を行ってもらうのですが、まだ使えそうでも遺族の引き取りが
ない場合はリサイクルショップへ回収する手配をしてくれます。さらには、
通常では処分しにくいものに対してはお焚き上げを行い手厚く処分をしてくれ
ます。つまりは遺族のことを第一に考えて行ってくれるということで、この
業種はこれからもどんどん伸びるのではないかと言われています。

遺品整理の生前予約

Posted on | 3月 21, 2013 | No Comments

遺品整理というと、遺族が時間をかけて整理をしたり形見分けをしたりするという
イメージがありますね。もちろん、遺族だけではなく遺品整理の専門業者に頼んで
整理を行ってもらう場合もあります。これらは、すべてお葬式のあとと考えがちで
すが、最近では生前からそれを少しずつ行ってるという人もいるようです。これは
きっとここ近年聞くようになったエンディングノートの影響でしょうか。エンディン
グノードとは、生前に自分の死後どのような段取りでお葬式を進めるか、誰を呼ぶのか、
また遺品をどうしたらいいのかどうかを書き留めたものです。最近では生命保険会社
などでセミナーを行うと大盛況だと聞きます。このように生前に自分の最後を決める
人が多くなっている中で、やはり遺品整理についても細かく記している人も多くない
そうです。やはり、自分が亡きあと家族に迷惑をかけたくないというのが心情ですよ
ね・・・そんなことから、遺品整理も生前に専門業者に頼んでいる人もいるようです。

ゴミ屋敷

Posted on | 3月 21, 2013 | No Comments

ここのところ、テレビ番組でもよく見かける「ゴミ屋敷」。そもそもゴミ屋敷とは
そこの住人が自ら出したごみや、近隣からごみを運び込んでため込んでいる状態の
建物のことをいいます。もしかしたら、みなさんのご近所にもそんな建物はありま
せんか?ゴミ屋敷があった場合どのようなことを思うでしょうか。まずはこれから
暖かくなってきますが、そうなるともともとごみなのですから、悪臭が発生してそこ
から害虫が発生して衛生面として大問題です。これではお子さんのいる人にとったら
そんな場所で子育ては遠慮をしたいものです。

もう一つ心配となるのはボヤや放火などの心配です。ゴミ屋敷なのであっという間に
火が広がりもらい火なんてことにもなりかねません。また犯罪にあいやすいというこ
ともありますので近隣のものとしては放っておくことはできませんね。しかし、ごみ
屋敷の住人はなかなか片づけには応じてくれないのが現実のようで、地区の民生委員
や市の担当者の方が話にいっても取り合ってくれないことがほとんどです。これでは
どうしようもありません。何かいい案はないのでしょうかね・・・

札幌の動物園

Posted on | 3月 19, 2013 | No Comments

札幌市内にもいくつか動物園があります。まずは「札幌市円山動物園」です。この動物園の特徴は絶滅危惧といわれているホッキョクグマなどの繁殖に力を入れています。また施設内を野生復帰ゾーンや自然体験ゾーンと分けて見やすくする工夫を凝らしています。またこの季節春休みに向けてイベントを開催されるということですので、お子さま連れの方やカップルの方などみんなが楽しめる内容となっています。さらに、最近有名なご当地ヒーローですが、この札幌円山動物園でもマルヤマンというヒーローがいるようですよ。動物をこよなく愛するヒーローだそうです!会えたらちょっとうれしいですね。

次は「ノースサファリパーク」です。札幌市街から約40分というドライブがてらに行くにはもってこいの場所です。こちらはふれあい型サファリパークが売りになってりますので、囲いのない空間でかわいい動物たちと触れ合うことができます。小さなお子さんが喜びそうな場所ですね!

 

札幌休日散歩

Posted on | 3月 19, 2013 | No Comments

お休みが出来たら、札幌を散策してみるのはどうですか?駅周辺のショッピング街をぶらりと歩いてみたり、バスや市電を使って観光地を回ってみるのもいいですね。

まずは札幌市中心部周辺からご紹介します。まずは大通公園です。約1.5キロに渡るこの通りは街づくりの基点となっています。公園の東側には有名なテレビ塔があり、先月2月には雪まつりが行われ、一年を通していろいろなイベントが開催されていますので、日程をチェックしてからお出かけするのもいいですよ。次は、おいしいものが集まるところとして有名な二条市場です。こちらは海産物から美味しい野菜や果物などが売られています。もちろん、この商店街にはお寿司屋さんやラーメン屋さんがありますので、お腹がすいたらこちらに立ち寄っておいしいお食事はどうでしょうか。

市街地から少し離れたところにある観光地もおすすめスポットが多くあります。その代表としてサッポロファクトリーはどうでしょうか。こちらは大型ショッピングモールです。大きな園庭があったり、北海道の定番おみやげも買えますよ!お時間があるときはゆっくり回ってみてはどうでしょうか。

 

遺品整理のお手伝い

Posted on | 3月 19, 2013 | No Comments

遺品整理は遺族の手で行われてきましたが、最近ではこれが困難な状況が多々あるようです。例えば、身寄りがない方や遠方で一人暮らしの方など・・・事情はさまざまです。遠方で一人暮らしの親族の遺品整理を行うとなると、数日間仕事を休んで行ったり、毎週週末を利用して行ったりと遺族の負担はそれだけでもかなりのものです。このように、どうしても遺品整理を行うことが難しいという状況になってしまい、結局自宅ごとそのまま放置状態・・・ということにもなりかねません。そうなると、やはり頼りになるのは遺品整理の専門業者です。とても頼りになる業者ですので利用してみるのはどうでしょうか。

遺品整理の専門業者は、不用なものを処分したり、まだ使えるものはリサイクルショップへ回したりと手際よく整理を行ってくれます。さらには、通常処分するには困ってしまう人形や位牌などもしっかりとお焚き上げしてくれるそうです。このように、遺品整理の専門業者は困ったときにお手伝いをしてくれる心強い味方になること違いありません。

遺品整理を知ったきっかけ

Posted on | 3月 17, 2013 | No Comments

遺品整理について初めて知ったのは、テレビ番組の特集で独居老人の孤独死について
のときでした。その方は身寄りもない方だったので、その部屋にある遺品を専門の
業者の方に頼んで整理をしてもらうというものでした。観ていると、その専門業者の
方は遺品を一つずつ確認をしながら、処分をするもの、リサイクルに回すものと分け
ているところでした。業者方が言うには、遺品は故人が大切に使っていたものなので
そのまま処分するのは心情的にもできないということです。それを観たときに、この
ように気持ちを込めて遺品整理を行ってくれる仕事があるのかと感心しました。

さらには、その業者では故人が亡くなった場所の汚れを丁寧に掃除をしているもの
でした(その老人は、死後数日たっていました)。これも遺品整理業者の仕事なので
すね。必要であれば、消毒やリフォームも行うそうです。そのことから、遺品整理とは
ただ処分をする業者ではなく、故人や遺族のことを第一に考えて行ってくれる、とても
大切な仕事なんだとわかりました。

遺品整理にかける思い

Posted on | 3月 17, 2013 | No Comments

遺品整理はただ処分をすることではありません。その故人や遺族の思いを考えて
整理を行ってくれます。例えば、ご主人を亡くした方がご主人との思い出の品々を
整理するときに、物が多くとても一人では整理できないというとで遺品整理の専門
業者に依頼をしたそうです。そのときに、専門業者がまず行ったことはすぐに処分
をするのではなく、どのように処分をした方がいいのかをよく話し合いから始めた
そうです。つまりは、他人から見れば不用品に見えても遺族にとっては、大切お品物
です。それを無下に扱うことはできません。そのために、話し合いから始めるんだ
そうです。それによって、残すもの、処分をするものを決めていきます。このような
配慮をすることによって依頼者にとって一番いい方法で整理を行うことができたと
いうことです。つまりは、遺品整理とはそのままどんどん処分をするだけではなく、
依頼者の気持ちを第一に考えて行うものなのです。

御焚き上げに行ってきました。

Posted on | 3月 17, 2013 | No Comments

1人暮らしだった方や身寄りのない方のの遺品整理の場合、困ってしまうのはやはり
人形であったり、位牌やお仏壇だと思います。そのまま処分するのは気が引けます。
やはり故人の思いが入っているのもは魂が宿っている・・・はずです。だからと言って
そのまま放置するわけにはいきません。

日本では、昔からご神仏などを丁寧に扱ってきました。そのため、いままで遺品整理を
するにも、そのまま捨てるなどということはできません。こう言った場合はお焚き
上げをしてくれる神社や寺院、またお焚き上げを専門に行ってくれる業者に依頼を
することが多くなってきました。以前は屋外でお焚き上げをしてもらえましたが、
最近では環境の問題もあり屋外での焼納が難しいので、屋内の設備が整っている場所を
お焚き上げを行っています。このように、環境のことも考え、さらには故人のこと
その遺族のことを考えて手厚く供養を行っています。

 

遺品の行方

Posted on | 3月 17, 2013 | No Comments

家族や親族が亡くなった場合、その遺品はどのようにしていますか。故人と一緒に住んでいた場合は、家具や家電製品などはそのまま受け継いで使用できます。さらには衣類や雑貨などは形見分けをして分けることも可能です。このように、家族と一緒に暮らしていた場合はこのように遺品を引き継ぐことができますが、最近ではそれができない場合も多くなっているというのです。

家族事情により離れた場所で一人暮らしだったり、身寄りがない場合です。これは近年増加傾向であるといわれていますが、このような場合、遺品は専門業者に頼んで処分をしてもらう方法があります。業者というのはリサイクル業者であったり、遺品整理を専門に行ってくれる会社のことです。リサイクル業者の場合は、遺品の中でまだ使えるものをリサイクルショップに回して再利用をしたり、遺品整理の業者の場合はいらないものは完全に処分してくれるそうです。もちろん、処分しづらいもの(位牌やお仏壇など)はしっかりとお焚き上げをしてくれるというのだからとても助かりますね。

不要品回収

Posted on | 3月 15, 2013 | No Comments

自宅を整理するときに気になるのは、やはり不用品をどうしたらいいかです。
自分でまとめてクリーンセンターに持ってく方法もありますが、これだと
何回も行かなくてはいけない場合もありますね。面倒くさいからといって、
そのまま自宅や倉庫に放置しておくと結局かさばってしまって自宅を片づける
ことはできません。片づける!と決めたからには思いっきり処分をするのが
いいでしょう。最近は断捨離ブームもあって、不要なものは捨てるという
流れがあります。

では、思いっきって捨てるときにでは不用品はどうしたらいいでしょうか。
地区によって月に1度廃品回収を実施していますので、そのときにまとめて
出すという方法があります。ですが、この場合だと自宅と回収場所を何往復
する必要のあります。それが手間だと感じる場合は、廃品回収業者がありま
すので、利用してみるのはどうでしょうか。回収をしに来てくれるので、 重い
荷物は業者の方に頼むといいですし、一気に片づけてくれるので便利ですよね。

札幌市の居酒屋

Posted on | 3月 15, 2013 | No Comments

札幌市内で飲める場所と聞くと、やはり「すすきの」がすぐ浮かびますね。
すすきのは札幌市の中央区にある全国的にも有名な歓楽街のことをいいます。
このすすきのには数多くの飲食店が立ち並び、気に入ったお店が必ず見つか
るに違いありません!もし何が食べたいとか何を飲みたいとか何か希望が
ある場合はリサーチをしてから来るといいですよ。

札幌市内の居酒屋と言えば、やっぱりおいしいお料理ですね。札幌は新鮮な
食材を使った海鮮料理がおすすめです!まずは季節のお刺身を頼んでみま
しょう。近所のスーパーで買ってくるお刺身と違って鮮度抜群のおいしい
お刺身を食べられること違いありません。その次はやはりお酒ですよね。
札幌では有名なサッポロビールがあるので、冷えたジョッキに生ビールを
飲むのは本当においしいですよ。他には、焼酎や地酒など札幌ならではの
お酒を頼んでみましょう。美味しい食材とお酒を思い存分いただいて、
夜の札幌も満喫してくださいね!

札幌市の気温

Posted on | 3月 15, 2013 | No Comments

札幌は寒い!というイメージがありますよね。確かに全国の主要都市の平均気温を

比べると気温は低いです。特に12月~2月の寒さは格別で、同じ東北の主要都市と

比べて5度前後違ってきます。冬の寒さは厳しいので、冬に観光で遊びに来るときは

十分な防寒対策をお願いします。ですが、その代り室内は暖房がばっちり完備

されていますので、あまり暖かくし過ぎると室内に入ったときに汗をかいて

しまうこともありますので、室内に入ったきのために服装で体温調整できるように

してきてくださいね。

 

では、夏はどうでしょうか。ここ近年札幌でも30度超すときもありますが、平均

して26度前後です。やはり本州と比べて過ごしやすいですね。湿度も低いと思い

ますが、意外に高いんですよ。でも気温と湿度から見ると蒸し暑いという感じには

ならないので、札幌の夏は他の主要都市に比べると非常に過ごしやすいと言えますね。

札幌の遺品整理

Posted on | 3月 14, 2013 | No Comments

札幌でも遺品整理を行ってくれる専門業者が増えています。周辺に複数の

業者があるときは、調べて一番いいところを選んでみましょう。というのも

業者によって料金やサービスも違ってきますので、一番納得のいく業者に

お願いをしましょう。業者の中には、いわゆる悪徳・・・といういわれるところも

あるそうです。遺品を無下にされたら遺族としては許しがたいことですので

この業者選びは重要です。ですが、このような業者も最近ではホームページを

出しているところも増えてきましたのでインターネットで調べるというのも

一つの方法です。

 

遺品整理は遺品を処分するだけではありません。故人が生前とても大切にして

いたものや、処分をしがたいお仏壇や神棚、人形といったものも手厚く処分を

してくれます。業者ではお寺や業者と提携をしてお焚き上げを行ってくれます。

ここまでやってもらえるとは思いませんでした。遺品整理ができないからといって

放置をするのではなく、このように専門業者に依頼をすることによって一番

いい形で遺品整理を行ってもらえますね。

 

 

 

 

 

遺品整理にかける思い

Posted on | 3月 14, 2013 | No Comments

最近の遺品整理は、身内で行うのではなく専門業者に頼んで行ってもらう

場合も増えてきました。この遺品整理は、遺品を片づけることが仕事ですが

それだけではなく、遺族の方の気持ちを聞きながら進めたり、故人の品をどう

しても処分できない遺族のために気持ちが落ち着くまでその時期を待ったり、

このように遺族の精神的な支えとなっている場合もあります。つまりは遺品

整理業を行う人は遺族の気持ちに寄り添いながら行う必要があるということを

覚えておいてください。以前、大震災の後に遺品整理をするといってそのまま

がれきに遺品を捨てたり、金品類を持ち逃げする業者がいるという話を聞いた

ことがあります。これは、故人や遺族に大変失礼は行為です。そんなところから

もっと遺族の気持ちを気遣えるよう、遺品整理の正しい知識を身につけたいとし

遺品整理士という専門の資格を取る方もいるそうです。ここまで相手のことを考え

てできるといのは素晴らしいことですよね。

遺品整理士

Posted on | 3月 14, 2013 | No Comments

遺品整理士とは、遺品整理を専門的に行ってくれる人ののことを言います。最近では

この遺品整理士の養成講座もあるそうですよ。なぜこのような、遺品整理士の需要が

あるのでしょうか。

 

近年、孤独死の話題がテレビや紙面を賑わしています。孤独死をされた方は、身内や

ご近所とのつながりが希薄になってしまったがためにそのまま放置されてしまった・・・

ということにも原因があります。ではその遺品はどうなってしまうのでしょうか。身内

とも連絡が取れない場合は、遺品整理士のような専門業者の方に頼んで整理を行っても

らいます。

 

では、どのような人が遺品整理士となっているかというと、もちろん遺品整理業者の方も

そうですが、この他、清掃業者やリサイクル業者の方々も多いといいます。なぜかというと、

孤独死をされた方のお部屋は普通に掃除をしてもきれいにならないので、清掃業者により

消毒や場合によってリフォームも行ってもらいます。遺品の中にまだ使えるものがあれば

リサイクルショップにまわす場合もあります。このような連携を取りやすくするために

それらの業者の中に遺品整理士の資格を取る方が多いと言われています。

遺品整理の現場から

Posted on | 3月 14, 2013 | No Comments

遺品整理は遺族が行うというイメージがありますが、最近ではさまざまな家族事情から

遺族が行えないということが増えてきました。そんなときには遺品整理を行ってくれる

専門業者があるのでそちらに頼むことになります。専門業者では、遺品の整理を遺族に

代わって行ってくれます。

 

遺品整理を頼む人の中には、家族を亡くしそのつらさから頼む人もいます。以前聞いた

話しでは、奥様を亡くされたご主人が生前の奥様の品に囲まれて何もできずにいるため

心配をした親族が専門業者に依頼をしたそうです。遺品の中で暮らすのは気持ちの切り

替えができずによくないということからでした。専門業者がご主人とじっくりと相談を

して、整理を進めていきます。そのまま引き継いで使うもの、形見分けとして親類に渡す

ものと分けていきます。処分するものはリサイクルショップに頼んだり、処分業者の手配を

したりと、全面的にフォローをしていました。このように、専門業者はただ処分をするの

ではなく、遺族の気持ちも考えて一番いい方法を提案して遺品整理を行ってくれます。

遺品整理術

Posted on | 3月 14, 2013 | No Comments

遺品整理とは、故人の遺品を整理することをいいます。皆さんの中には実際に遺品整理を

行ったことはありますか?私は、亡くなった祖母の遺品整理を母と一緒にやったことが

あります。ですが、亡くなってすぐに取り掛かることができなかったので(あと処理や

気持ち問題で)、亡くなってからしばらくして時間をかけてやったことを覚えています。

手順としては、まず残すもの、形見分けであったりそのまま受け継いでそのまま使うもの

を分けます。そのあとは、処分するものと分けました。でもなかなか処分することができ

ず処分するのに数年時間を要しました。このように遺品整理は故人の身内で行うと、処分

するもの残すものとスムーズに分けることができますよね。

 

最近では、エンディングノートというものがありますが、実際に自分が亡くなったあとの

ものをどのように分けるのか処分するのかをまとめておく人もいるようです。でも、この

ようにまとめてもらうと遺品整理は遺族にとってとても進めやすいですね。

2014年8月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Sponsored by

Copyright(c) 2013 札幌の遺品整理 All Rights Reserved.